立川市のお花見スポット

国営昭和記念公園
国営昭和記念公園(東京都立川市)

立川市と昭島市にまたがった地域に、昭和天皇陛下御在位50年記念事業の一環として昭和58年に開園した、総面積180haの国営公園です。『緑の回復と人間性の向上』というテーマで、緑につつまれた公共空間と文化が融合した公園を作るという目標のもと、今現在も日々完成に向かい進化しています。

残堀川
残堀川(東京都立川市)

立川の西部に流れている多摩川の支流の1つの残堀川から玉川上水へ続く約2kmの遊歩道は、桜並木のトンネルを楽しむことが出来ます。残堀川では、川辺の菜の花の黄色と両岸の桜並木のピンクの淡い色のコントラストが、まさに春ならではの素晴らしさで綺麗に輝いています。

根川緑道
根川緑道(東京都立川市)

立川市の南部にあり青柳崖線下を流れる根川を改修して出来た緑道が根川緑道で立川市有数の桜の名所となっています。全長約1.3kmの緑道で幅が2~3mほど水路にせり出すように約250本の桜が切れ目なく続いており、上流は主にヤマザクラ、下流には大正天皇即位を記念して植樹されたソメイヨシノの並木と違う桜を楽しめます。