千代田区のお花見スポット

北の丸公園
北の丸公園(東京都千代田区)

千代田区にある皇居に隣接する国民公園で、九段から皇居に抜ける位置にあり、敷地内には日本武道館のある公園です。昭和30年代、旧近衛連隊等の多くの建物を撒去し、森林公園として造成された際に桜が植栽されて、今ではソメイヨシノを中心に約300本の桜が植えられております。

外濠公園
外濠公園(東京都千代田区)

千代田区のJR飯田橋駅から四谷駅周辺まで続く約2.5kmの土手沿いの公園が、江戸城外堀の名残の外濠公園です。濠にそってソメイヨシノの大木達が桜並木を作っています。四谷駅周辺は、土手の上にありながら幅が5m以上スペースがあるのでお花見スペースとしては最適です。

国立劇場
国立劇場(東京都千代田区)

日本の伝統芸能である歌舞伎・文楽・能楽の公演を見られるのが国立劇場で、千代田区の国会議事堂の北側にあります。その千代田区の隠れた桜の名所と言われているのが、国立劇場の前庭の桜で毎年、『国立劇場さくらまつり』も開催されています。

日比谷公園
日比谷公園(東京都千代田区)

日本初の『洋風近代式公園』で、平成15年に開園100年となった歴史ある公園。ビジネス街のオアシスと呼ばれているように、噴水が多く日比谷公園最大のシンボルの『大噴水』を始め、付近で休んでいる人たちへの憩いの場となっており、植樹されている約60本の桜が人々を和ませてくれています。

常磐橋公園
常磐橋公園(東京都千代田区)

千代田区大手町と中央区日本橋本石町の間にある『常磐橋(ときわばし)』の『日銀本店』前の通りの反対側にある小さい公園です。この公園は、江戸城の正面玄関的な役割を果たしていた城郭門『常磐橋御門』の門跡が文化財保護法により史跡として保護されていて、そのために尽力を尽くした渋沢栄一氏の銅像も建っているように貴重な場所です。

皇居東御苑
皇居東御苑(東京都千代田区)

千代田区の皇居の東側になる旧江戸城の本丸と、二の丸を中心とした約21haの庭園が皇居東御苑です。由緒ある建造物などが多く存在する敷地内のゆったりとした空間に、様々な桜が咲くという都心部の一大さくら植栽地を形成しています。

千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園(東京都千代田区)

千代田区の皇居西側のお堀沿いに作られた公園で、半蔵門に近いので半蔵門公園とも呼ばれています。ソメイヨシノやヤマザクラなど約170本の桜が植えられていて、半蔵濠と千鳥ヶ淵の深い緑の水面と好対照のピンクの桜の美しさを堪能できます。

靖国神社
靖国神社(東京都千代田区)

千代田区の皇居西側のお堀沿いに作られた公園で、半蔵門に近いので半蔵門公園とも呼ばれています。ソメイヨシノやヤマザクラなど約170本の桜が植えられていて、半蔵濠と千鳥ヶ淵の深い緑の水面と好対照のピンクの桜の美しさを堪能できます。

千鳥ヶ淵緑道
千鳥ヶ淵緑道(東京都千代田区)

千代田区の皇居西側の千鳥ヶ淵に沿う、全長約700m、都内屈指の桜の名所と言われる遊歩道です。約260本のソメイヨシノやオオシマザクラが、遊歩道全体を桜のトンネルにしています。千鳥ヶ淵水面に掛かる桜とのコントラストは、奥行きのある景色が素晴らしく絶好の写真撮影スポットもたくさんあります。